咳が出るのはなぜ?病気?

長く咳が出る時は注意。その目安は?

咳が出るという症状は、よくあることですがとても辛いものです。咳が出て続くと体力も奪われたり、睡眠不足になってしまったりと悪化させてしまうことがあります。また、ぎっくり腰になってしまってしまうこともあります。長く咳が出る場合には、治療が必要となります。

多くの方は、まず風邪が原因だと考えるのではないでしょうか?風邪によって咳が出るのは、ウィルスに感染して気管が炎症を起こすためです。体がウィルスを出そうとしているのです。風邪が治っても咳が出ることがあります。

これは、まだ気管の炎症が出ている為で炎症が治れば咳も止まっていきます。風邪が治っても咳が出る時には、他の病気にかかっている可能性があります。一つの目安として3週間程経過しても、咳が出る時にはその可能性が高くなってきます。

かぜや感染症などが原因でない場合には、慢性的なものになる可能性があります。
慢性的なものであるものが原因である場合には、早めに病名を特定し治療していく必要があります。

慢性的な咳が出ると不安になるものです。いつまでこの症状がまま?このまま治らないのか?と考えてしまいます。病名が特定できれば、治療も進んでいき改善されていきます。

慢性的な咳の病名 せき喘息,COPD,胃食道逆流症

せき喘息
この病気になる人は増えているといわれています。精神的なストレス、ハウスダスト、たばこの煙、温度差などがきっかけとなり咳が止まらなくなることがあります。 せき喘息になると、気管支に炎症が起き空気の道が狭くなり刺激に対して敏感になっています。

それにより咳が出やすくなるものです。喉や気管の負担になることを避ける必要があります。1度、なったことがある人は繰り返し発病することがあります。発病するきっかけを作らないようにする必要があります。風邪を引かないように予防することも大切です。原因となるものを取り除き、しっかりと治療する必要があります。

COPD
COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)慢性閉塞性肺疾患は、たばこ病と言われるもので、長い期間喫煙をしていることが原因でおこるものです。気道や肺胞の炎症が起きることで、咳が出たりたり息切れしたりするものです。ゆっくりと悪化していくため、本人の自覚がうすい傾向にあります。この病気である場合に禁煙をする必要があります。また、悪化していくと呼吸不全や心不全をつながるとも言われており恐ろしい病気です。早期治療が必要です。

胃食道逆流症
胃食道逆流症は、胃酸が胃から逆流することでおきるものです。胃酸の酸により食道の粘膜が炎症を起こしてしまうことで発症します。大半の方は胸焼けや食後に起きるなどの症状から自覚しやすいい病気ともいえますが、咳が出る症状が続く場合には、胃酸が原因であると気がつかない方も以外といらっしゃるようです。

また、気管支喘の方は合併しやすいと言われています。食べ過ぎや胃への負担の大きい物を食べるものを避ける必要があります。胃酸の分泌を抑える薬を飲むことで症状が改善される可能性があります。

咳が出るだけだから大丈夫だと考えがちですが、長くその症状が続く場合には何らかの体の異常を訴えている可能性もあります。また、病院に行ってもなかなか的確な診断をしてもらえないことがあります。咳が出ているので咳止めを処方してもらうだけの場合も良くあります。

長く咳が出る時には、早めに呼吸器科や耳鼻科にいきましょう。しっかりと診断してもらうコツは、咳が出る症状についてできる限り詳しくメモしておき医師に伝えることです。医師は症状を元に病名を特定していきますので、その状態を細かく伝える必要があります。

また、症状の改善が見られない時や細かく症状を確認してもらない医師の時には病院を変えてみましょう。医師の治療方法にもバラツキがあり、自分の症状と合わないこともあります。