奥さんに内緒でキャッシングしたい時

奥さんに内緒でキャッシングしたい時

家計を預かる奥さんにお金の事で隠し事をするのは気が引けると思いながらも、奥さんに内緒でお金を借りたいと思う事もあるのではないでしょうか?
奥さんが毎日家計の遣り繰りに苦労をしている所を見ている為に、お小遣いが足りなくなっても前借りを頼み難いという事もあります。またそのお小遣いが足りなくなった原因も奥さんに話せないという事ならば尚更の事でしょう。

 

 

 

【奥さんに内緒でキャッシングをする時の注意点とは】

 

奥さんに内緒にしてキャッシングをした時、その事が奥さんにバレてしまう可能性は十分にあると思います。それでも何とか内緒でキャッシングをしたいという時には注意をしなくてはいけない点がいくつかあります。

 

●キャッシングの申込みをすると確認の電話が掛かって来る
●利用明細、請求書等が自宅に郵送されて来る
●返済日に返済ができないと電話が掛かって来る
●ネットキャッシングによる借入れに注意
●口座振替による返済に注意

 

書類の郵送は、最初にポストを空ける人は奥さんである可能性が高い事から、避けたい事と言えます。ネットキャッシングによる借入れ、口座振替による返済では明細の郵送がされる事が多いので、注意が必要です。

 

また電話については奥さんと一緒の時に電話が掛かって来る事もあり、その電話の内容から怪しまれるという事もあります。

 

 

〈金融会社からの電話〉

 

契約の申込には本人を確認する為に電話が掛かる事があります。契約を完了させる為には、初めに掛かって来る電話にきちんと対応をする必要がある為に、奥さんと一緒の時でも電話に出るべきと言えます。
また返済の延滞でも電話が掛かるので注意をしなくてはなりません。

 

今は携帯電話があるので、自宅の電話番号を登録する人は少ないと思いますが、それでも電話が掛かって来た時に、別室に移動する等の行動をすると奥さんに怪しまれる事になりますので、申込みは平日に自宅以外の場所にいる時に行うと良いです。

 

 

「金融会社からの郵送」

 

金融会社からの郵送のタイミングは、何の手続きも行わない場合には意外と多くなります。まず契約をした時、通常は契約書やカードが郵送されて来ます。通常カードの受け取りは簡易書留等になる場合が多いのでポストに入れられる事は無い為、自宅に奥さんがいればその時点でバレる事になるかも知れません。
その場合には自動契約機の利用がオススメです。契約を自動契約機で行えばその場で契約書とカードの受取りができますので、ネット申込みをして仮審査に通ったタイミングで自動契約機に行って契約をしましょう。

 

また取引明細の郵送については、「web明細」を利用する設定にする事で、回避が可能になります。その上念のため借入れはATMを利用するとその都度明細が貰えますので、利用明細を郵送される事はありません。

 

それでも郵送を避ける事が難しいのが、返済の延滞です。初めは電話による請求で済む事は多いようですが、それでも延滞が続くと督促が郵送されて来る事になります。消費者金融の場合には事務センター等が差出人の郵便物となるので、直ぐにバレる事にはならなくても、通常では見ない種類の郵便物である事は確かと言えるかも知れません。

 

 

【返済は期日までに行う】

 

奥さんに内緒にしたい借入れがある時に最低限気を付けるべき事は、前にも触れたように返済の延滞です。初めは電話による請求であるとしても、郵便で督促状が届く事になるのも前述の通りです。このような郵便物が届く頃には電話での督促も行われているはずなので、書面での督促と並行して電話の督促も行われる事になります。

 

この時点で自ら利用している金融会社に電話をして、いつまでに返済ができるかを知らせる事でその後電話が掛かって来なくなります。その場合には約束の日までに返済をしっかり行いましょう。

 

督促の電話が来ても電話に出ないと、電話に出るまでに何度も電話が掛かって来ます。それでも会社まで督促の電話を掛けるような事は法律で禁じられているので、特に大手消費者金融ではそのような事はないようです。だからと言って電話に出ないまま放置をしていると、最終的には裁判に掛けられる事になります。その結果給料の差し押さえとなりますので、その時点で奥さんにバレると共に会社にまで借金がバレる事になります。

 

延滞をした理由が返済資金の不足であるならば、奥さんに話す事が大切ですが、それでも話せないという事ならば、利用している金融会社に正直に事実を話して返済についての相談をすると良いようです。大手消費者金融ならば、返済方法について相談に乗ってくれる所も多いようです。

 

 

【口座振替の返済は書類郵送の恐れ有り】

 

一般的には口座振替を返済方法とすると、請求書の郵送が来ます。これは利用の明細や残高は顧客に知らせないといけないという法律を遵守している為です。web明細を利用できるサービスに登録をする事をお勧めしますが、初回の契約でその登録を忘れると請求書が届いてしまいますので、契約の時に良く確認をする事が大事です。

 

その他ATMを利用して返済をするか、ネット返済を利用すれば利用明細の郵送がされませんので、返済方法に気を付ける必要もあります。